抗うつ剤を服用して精神的な安定を維持させよう

  1. ホーム
  2. 症状にあった薬剤を利用

症状にあった薬剤を利用

女性

医師と相談しながら決める

医療機関で処方される抗うつ剤は、三環系や四環系に加えてSSRIやSNRIのほか、NaSSAなど様々なものがあります。もっとも古くから抗うつ剤として利用されている三環系の薬剤は、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の再取り込みを阻害することにより、抗うつ効果をもたらします。効果があらわれるまでに1〜2週間かかるのが特徴です。過剰摂取による危険性もあり、現在ではあまり処方されることはありません。三環系よりも危険性が低い薬剤として開発されたのが、四環系の薬剤です。他の抗うつ剤に比べ即効性があり、服用後4日程度で効果があらわれます。ただし、抗コリン作用による副作用が出る場合もあるので注意が必要です。SSRIは、三環系や四環系に比べ副作用が少なく日本でも普及率の高い薬剤だといえます。SSRIは、セロトニンを放出するシナプスの作用に選択的に影響を及ぼしセロトニンの再取り込みを阻害します。これにより、うつ病の原因とも言われるセロトニンの減少を抑えることが可能です。SSRIは、神経症からうつ病まで幅広く利用されているのが特徴です。セロトニンだけでなくノルアドレナリンにも作用するSNRIは、セロトニンだけでなくノルアドレナリンに対しても再吸収を阻害する効果があります。これにより、セロトニンとノルアドレナリンの濃度が高まり抗うつ剤として効果的です。最も最新の抗うつ剤として使われている薬剤が、NaSSAです。この薬剤は、SSRIやSNRIとともに新規抗うつ剤と呼ばれています。SSRIとSNRIがよく似た作用なのに対し、NaSSAはこれら2種類の薬剤とは違いセロトニンやノルアドレナリンの分泌自体を増やすという点が特徴です。SSRIやSNRIでは思うような効果が得られなかったという人には、向いている薬剤だといえるでしょう。NaSSAは抗うつ効果が高く、深い眠りにつくことができます。他の薬剤に比べ副作用も少ないです。現在では、比較的副作用の発現しにくい新規抗うつ剤が医療機関で処方されている抗うつ剤の主流だといえます。