抗うつ剤を服用して精神的な安定を維持させよう

  1. ホーム
  2. 信頼できる病院選び

信頼できる病院選び

カウンセリング

病院選びの基準

家族の一人がうつ病を発症した、そんな時に家族がすべきことは、うつ病を治療するための病院捜しになります。治療のためには、心療内科または精神科を受診することになります。どちらでも、うつ病を治療することができます。精神科は、うつ病の他に依存症や統合失調症、または脳病や認知症などの治療を行います。対して、心療内科は、うつ病の他に過呼吸や胃潰瘍や喘息なども治療します。いきなり精神科を受診するのに抵抗を感じる場合は、個人で開業している精神科クリニック、メンタルクリニック、心療内科を受診しましょう。ただし、日頃のかかりつけ医を総合病院にしている場合は、その中にある心療内科や精神科を受診すべきです。病院を検討する場合は、口コミサイトの書き込みや病院のホームページを参考にされていることでしょう。まずは、病院のホームページに医師の経歴が記載されているかどうか確認してください。心療内科や精神科などは高価な検査機器を必要としないため、経験値の浅い医者が開業していることがあります。口コミサイトの書き込みについては、主観が入っている可能性があることや、真実かどうか確認する手段がないため参考程度に押さえるべきです。また、信頼できる人からの紹介で病院を決める方法も考えられます。初診の時に、医師が患者や家族の話をきちんと聞かずに、一方的に診察をするように感じられる。抗うつ剤の処方の時は、薬自体や効果の説明を充分に行わず、ただ「必ず、飲んでください」としか言わない。または、効果が同じ抗うつ剤を大量に処方する。治療期間中に、抗うつ剤を飲むことでおこる状態の変化や病状の変化を確認しない。抗うつ剤の処方を根拠もないのにころころ変えてしまう。このような治療だと感じられた場合は、転院を検討すべきです。抗うつ剤を投薬することで治療するだけでなく、カウンセリングなどの併用することもあります。しかし、投薬だけの治療で改善が見えない場合にカウンセリングなどを併用することを提案することもなく、ただダラダラと時を過ごす状態であれば、医師に質問してください。医師から明確な回答があれば治療を続けてもいいですが、明確な回答がなければセカンドオピニオンを視野に入れるべきです。うつ病の治療は、医師との相性も大切です。医師とコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことが治療効果を上げる前提条件です。