抗うつ剤を服用して精神的な安定を維持させよう

信じて治療を続ける

男の人

うつ病の治療は、抗うつ剤を用いて進めていくのが一般的です。ですが、抗うつ剤の服用の継続は、感情面から困難になる事もしばしばあります。服薬の継続に関しては、効果的に治療をする上で周りの人間のサポートがとても大切です。

症状にあった薬剤を利用

女性

医療機関で抗うつ剤を処方してもらう場合、それぞれの薬剤の特徴や副作用などをよく理解したうえで服用することが大切です。利用する際には、必ず医師のアドバイスをしっかりと理解し指導事項を守って服用するようにしましょう。

根気強い治療が必要

薬

治療方法そのものを見直す

日常生活でのストレスで、知らず知らずの内に精神機能面が不安定になる人が多いことは周知の事実である。精神機能面の低下は自らが訴えるのではなく、周囲が異常に気づき医療機関を受診させることで、うつ病の可能性を指摘されることが多い。うつ病の発症は、適切な治療と長期の経過観察が必要となる。抗うつ剤は精神機能面からくる注意散漫や易怒性、依存的な態度などを緩和し、精神的な落ち着きを取り戻すために必要である。抗うつ剤の使用回数や頻度は、患者の状態によるため個人差が生じる。そしてタイミングを見計らい、抗うつ剤の投与が望まれる。入院当初は落ち着いて会話ができなかったという患者でも、次第に会話が増えて相手の意見や話を聞くようになり、笑顔が増加してくる。抗うつ剤で精神的な安定を作り出し、その上で会話や日常生活動作を行なっていく、抗うつ剤によるきっかけは必須である。強迫観念に駆られていた患者が落ち着いて生活をしていくためにも、薬物療法は必要であり、悪い事ではない。しかし、抗うつ剤に対する抵抗感をもつ人もいる。これは、薬物依存の観念が働いているせいであろう。このイメージを払拭するためには、より開かれた環境での治療と治療効果の啓蒙活動も必要と考えられる。治療は病院内だけではなく、外出や外泊も含まれる。その頃には抗うつ剤の使用はしていないか、頻度は少ない状態と考えられる。家族や周囲の力も借りながら、安定した精神機能面を有した日常生活を取り戻していくようにする。うつ病は、再発の恐れがないかを確認しながらの治療となるため、長期間に及ぶことは少なくない。患者自身や家族の間だけに留めず、医療者が学会で発表することやメディアで安全性や必要性を取り上げる必要がある。医療機関は治療方法の確立や推進だけでなく、安全性や必要性についても発信していかなければならない時代にきている。精神科や心療内科の受診に加え、特に抗うつ剤の使用は一般的には抵抗感が強く、辿り着くまでにやや時間を要すると思われる。早期発見・早期治療は内科や外科に限らず、精神科の領域においても然りといったところである。

いろいろ分かって安心

聴診器

うつ病の診断は精神科や神経科の専門医が行いますが、最初は一般的な内科など話をしやすい医師に相談しても大丈夫です。病院では一般的な検査が行われ、最終的に専門医がうつ病と診断した場合は、抗うつ剤による投薬治療が開始されます。

信頼できる病院選び

カウンセリング

うつ病の治療の主な方法は、抗うつ剤を飲むことと充分な休養を取ることです。ただし、そのためには、治療にあたる医師と充分なコミュニケーションを取り、信頼関係を築くことです。疑問点があれば医師に質問し、その回答を聞くことで関係を築いていけます。

精神的に安定する

ハート

うつ病を発症したら、精神科や心療内科を受診して抗うつ剤などの服用治療が行われます。抗うつ剤にはいろいろな種類があるので、合うものを見つけるまでが大変です。効果を得られると症状が緩和され、次第に薬の服用なしの状態に戻れます。